スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone5sってどうよ?

iPhone5s

と言うわけで、記念すべきレビュー第一回目は、、、

昨日、2013年9月20日に発売になったiPhone5sについてです!

とここまで書くと、「お!さっそくゲットしたのか?」とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、そうではありません。買ってません。残念ながらそもそもiPhoneユーザーでもないので、今のところ購入する予定すらありません(笑)

第一回から「家電レビュー」なるブログタイトルを揺るがすような記事なわけですが、せっかく旬な話題なので、取り上げないと損かな?と思った次第です。

さて、今回のiPhoneの新作がここまで騒がれるのは、いよいよドコモでもiPhoneの取り扱いが始まったからでしょう。発売当日は夕方のニュース番組でも各局がトップニュースで「iPhone5s騒動記」を伝えていました。19時のNHKニュースでもトップだったのには驚きました(人から聞いたので間違いかも知れませんが笑)。

僕は初めて携帯電話を買った大学生のころから10年以上ドコモユーザーだったため、今まではiPhoneに関するニュースもどこか他人事のように眺めていましたが、今回はちょっと違いました。近年はだいぶ契約者を減らしたドコモですが、国内シェア40%を超える巨人であることには変わりありません。他社からiPhoneが発売されてもドコモユーザーであり続けた人たちが、どれぐらいの割合でiPhoneへ機種変更するのかは、僕も気になりますし、世間も注目していると言うことでしょう。個人的には現役のドコモユーザーが機種変するのは限定的だと思ってます。あれだけiPhoneが脚光を浴びる中でも機種変することなくいた人たちですからね。それよりも以前にドコモを使っていたけど、iPhoneを使いたくて他者に乗り換え人たちの「ドコモ回帰」が促進される効果の方が大きいと思われます。ドコモもそれが大きな狙いの一つでしょう。

それにしてもこの騒動記には少々辟易しています。

アップル社は万全の生産体制でもって発売日には希望者全員に商品が行き渡るようにしてもらいたいものですが、どうやらこれに独特の販売戦略があるようですね。

いわゆるわざと品薄状態を作り出して、プレミア感を”演出”しているのだそうです。知り合いが言ってましたが「お客を飢餓状態にして購入意欲を煽る、ってのはセールス(特に欧米)の常套手段だし。」と言うことだそうです(笑)。

顧客満足を最大にすることを主目的とする日本企業では、たしかに出て来ない手法ですね。

僕はiPodやiPadを使っていますが、アップル社のそういうところはどうも好きになれません。
スポンサーサイト

テーマ : iPhone/iPad
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメント

非公開コメント

Recommend
プロフィール

瑠璃唐草

Author:瑠璃唐草
30代半ば独身。自営業。
北関東の海沿い住み。
実はそんなに家電に詳しくない(笑)
そんな素人目線の家電批評をお楽しみください。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2アフィリエイト
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。